医師紹介

院長 内藤 和郎

1924年に開院以来、地域に根ざし、より身近な「かかりつけの医師」を目指してまいりました。
診察時の対話を特に大切にし、時間の許す限り患者さまの訴えに耳を傾ける事が重要だと考えております。
その上で患者さま本人が納得のできる治療法を提供してゆく事を心がけています。
女性の一生を医師としてみてみますと、女性は出生後より、初潮・思春期・出産・閉経・更年期・骨粗しょう症など、実にさまざまな不安や心配を乗り越えなければなりません。
目に見えない女性特有の疾患に対して、少しでもお役に立てる事ができればと、日々努力しております。

略歴

昭和56年  独協医科大学医学部 卒業
京都府立医科大学産婦人科教室
【同教室にて学位取得】 入局
京都府立医科大学附属病院 勤務
松下記念病院 などを経て 勤務
平成7年  内藤医院 勤務
平成22年  内藤医院 院長就任 継承

所属学会・認定医など

日本産婦人科学会 認定医
母体保護法 指定医
社会健康保険・国民保険 指定医